『ものづくり・商業・サービス補助金成果活用グッドプラクティス集』の発行について

掲載日時:2019.03.13

 全国中小企業団体中央会では、このたび、『ものづくり・商業・サービス補助金成果活用グッドプラクティス集』を発行いたしました。
 本書は「ものづくり・商業・サービス補助金」の成果を活用し、実際に「事業化」を推進する事業者やその活動をフォローアップする支援機関の皆様方それぞれの取組みを“ベストプラクティス”としていただくための参考事例(グッドプラクティス)集です。
 本書では「事業化」実現を図る補助事業者によるプロジェクト面と、支援機関によるサポート面の2つの側面から成果獲得の要因や課題克服のポイントを分析・提示していますので、ぜひご活用ください。

<本書の特徴>

■グッドプラクティス集(プロジェクト/サポートプラクティス)

 多くの支援機関からの『具体的な支援実例を提供してほしい』という要望を受け、補助事業者の「事業化」実現に向けた取組成果の把握に加え、様々な支援機関によるフォローアップ活動の成果についてもヒアリング調査を実施し、プロジェクト面(8事例)とサポート面(8事例)の各活動の原動力となる、もしくは推進力を増すような取組手法や仕組みが見えるように、事例の「見える化」を図っています。

■持続的で着実な成果活用(事業化)のヒントを提示

 有識者委員が、事例紹介を交えながら、事業者や支援者が持続的で着実に取組みを推進するためのヒントやノウハウ活用のポイントを提言しています。関わる主体別の課題克服の提案や、経営資源の戦略的活用法のほか、市場訴求力や付加価値の向上による「売れる仕組み」「稼ぐ仕組み」の構築のポイントなど、ぜひ参考としてください。

ページの先頭へ